2013年08月26日

私たちは発音の仕方を習っていない

 まだまだ多くの人が、英語を発音するときにローマ字読みをしてそれらしく発音しているのではないでしょうか。

 たとえば、win の過去・過去分詞形の won を「ウォン」のようにローマ字読みして発音する人は結構います。この発音では韓国の通貨単位の「ウォン」のような発音になります。

 won の本来の発音は one と同じです。しいてカタカナで似た音になるように表記すると「ワン」という発音になります。

 英語の発音には日本語にない音が数多く含まれています。つまり口や舌、唇の使い方が根本的に違うのです。

 たとえば[f]音は、上の歯で下唇をかみながら日本語の「フ」と言い、かすれた感じの[f]音を出します。日本語でこのような口の動きをして発音する文字はありません。

 finish や fire、flower など、すべて[f]音の動きをして発音します。日本語の「フ」ではないのです。日本語の「フ」でないものを日本語の「フ」で発音するのは単純に正しい発音ではありません。

 日本語英語でかまわないという人もいますが、私の経験から言うと、子音(20そこそこあります)だけでも正しい口の動きで発音すると、かなり英語らしく聞こえてきます。

 これを日本語の発音で代用し、このまま野放しにしていては、英語の正しい発音は身につきません。

 英語のリスニングやスピーキングを身につける場合、より正確な発音を真似て言うことで、アメリカ人やイギリス人が発音している音が聞き取りやすくなります。

 自分が正しく発音することで、相手が言う英語がより聞き取りやすくなるようです。

 日本人は英語を話すときにアガってオロオロしてしまうという話をよく耳にしますが、その原因の1つが発音にあると思います。

 日本人は中学高校を通して英語を学んでいながら話せないと外国人からバカにされることもあります。

 長い間英語を勉強したにもかかわらずあいさつすらろくにできないという劣等感を、少なからず心の中に抱えているのではないでしょうか。

 でも冷静に考えてみてください。6年間、正しい発音の仕方も教わっていない、英語を聞いたり話したりする機会もなくて、どうやって正しい発音をすることができるでしょうか。

 外人を前にして正しい英語で話さなければと思っても、教わっていないのです。やってきたのは読解中心の授業です。事前の準備が何もないのであがってしまうのも仕方ないではありませんか

 もしそれが劣等感になっているのなら、それを解消すべく正しい発音を身につければいいのです。やっていないからできないのであって、能力の有無の問題ではありません

 一生懸命やってもできないなら能力の問題かもしれませんが、やっていないのです。これが一番大きな原因です。
posted by 佐藤 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正確な発音の手がかりになる発音記号

 では、どのようにして英語らしい英語の発音を身につけたらいいでしょうか。

 一番問題なのは、正しい英語の発音を身につけたいと思っていても、どうしていいかわからないことです。発音を正しく身につける術がわからず、手をこまねいている人が多いと想像します。

 私が中学生のころは単語のひとつひとつに発音記号が載っていましたから、当然のように問題集にも発音の問題が載っていました。

 むしろ、定番ですらありました。今思えば、発音問題なのに音声で問わず、紙面上で問う形式というところが、不思議といえば不思議なのですが。

 たとえば、いくつかの選択肢の中から、下線部の発音がほかと異なるものを選ぶという問題がありました。そのときによく出てきたのが、同じearというつづりをもつ以下の単語を使った問題です。

 (A) hear            (B) ear
 (C) near            (D) learn

 ちなみに、この中で1つだけ発音が違うのはlearnです。

 日本人はとかく英語をローマ字読みしがちで、つづりが同じなら同じ発音だと思いがちです。

 解説にはhearとearとnearのearの部分は[発音記号]と発音し、learnは[発音記号]という発音だと、発音記号を載せてその違いを説明します。

 発音を紙面で取り上げることは、音楽を音符にして記すようで、実際に奏でなければ価値がでません。

 たいていの辞書には発音記号の発音の仕方が記してありますので、発音練習をするとき、これを使わない手はありません。

 英語を見よう見まねで発音しようと思っても、個々の音、例えば[r]音はどのように口や舌、唇を動かして発音するのか、[l]音はどう発音するのかわからないと思います。

 実はこの発音記号、アメリカ人やイギリス人は読めない人がたくさんいます。

 以前、録音の仕事でナレーションを頼んだアメリカ人に発音記号を見せながら、どう発音するのか尋ねたことがあります。彼は小学校か中学校のころ学校で見た気がすると言っていました。

 考えてみれば、英語を母国語としている人が発音記号を見る必要はありません。

 日本人が日本語の発音を記した記号などなくても日本語の発音を覚えたように、アメリカ人やイギリス人も何十年も英語圏で生活しているうちに無意識に身につけているのでしょう。

 ただ発音記号は、私たちが英語を発音するとき、手がかりになる便利な記号です。昨今は発音記号を解説した教材も出版されています。

 ビデオやDVDで、どのように口や舌、唇を動かすのかこまかく解説しているものもあるのでぜひ参照してください。
posted by 佐藤 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発音練習はスポーツだ

 英語を発音するとき、口や舌や唇を使って英語を声にしますが、私たちの口や舌や唇は日本語を動かす動きに慣れているので、英語を話そうと思っても、その独特の動きについていけません。

 けれども、ちょっと練習すれば、すぐできるようになります。これはテニスや野球の素振りに似ています。


 テニスの素人がいきなりテニスコートに出ても、うまくボールを打ち返すことができません。素人はフォームを見ればわかるように、毎回、違うフォームでぎこちなく球を打ちます。

 プロは決まったフォームで、コンスタントに力強くボールを打ちます。

 ただ、素人でも素振りをして正しい手や足、腰などの動きを体に覚えさせれば、ボールが来たときに自然と体が反応して、きれいなフォームで生きたボールを打ち返すことができます。

 英語の発音も同じです。動きがわからないので、おかしな口の動かし方をして、日本語とも英語ともつかないような発音で話してしまいますが、練習して口や舌や唇などに正しく覚えこませれば、とっさに口や舌、唇が動いてくれます。

 英語を話すとき、いちいちこれは[r]音だから巻き舌にして、これは[p]音だから唇と閉じて、気道を塞ぎ、息を溜め込んで破裂させるように一気に吐き出すなどと意識していては、英語を少し話すだけで疲れてしまいますし、むやみに慌てる原因にもなります。

 私自身は英語を話そうと思うとき、条件反射的に口や舌、唇が英語を発音する動きになってきました。つまりそちらに神経を使わないので、話す内容や相手の表情など、その他のことに意識を使うことができます。

 条件反射的に英語を発音できるように、何度も正しい口の動かし方で反復練習をして、口や唇、舌の筋肉に英語の発音の仕方を覚えこませることをお勧めします。

 もちろんすぐ正しい発音が身につくわけではありません。ある程度長い時間をかけて、少しずつ英語に近づけていこうという、おおらかな気持ちで取り組むのがいいと思います
posted by 佐藤 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結局は自宅でも英語に触れることが大切

 英語の勉強時間はどのくらいでしょうか? 例えば企業研修で週に1回2時間、外人講師と会話の勉強をしたり、テスト対策の勉強をしたりしています。

 ただ、週1回2時間ほど英語を勉強しても、残りの6日と22時間(厳密には睡眠時間などを抜かしますが)、日本語でものを考え、日本語で話をし、日本語で書かれた本や雑誌を読み、テレビを見ていては、英語は身につきません。

 語学学習で大切なことの1つは、自主学習にどれだけ時間を費やすことができるかです。英会話でもそうです。

 いくら週1回や2回、英会話を習って話したからといって、他の時間にまったく英語を話さなければ、いっこうに話せるようにはなりません。

 リスニングはともかく、スピーキングをひとり自宅で練習することなどできないという声が聞こえてきそうです。

 もし発音記号を見て、それが示す口の形が間違いなくできるなら、筋肉に覚えさせることは自宅でも十分できると思います。

 英語を母国語とする人は毎日のように話して口を動かしているので違和感はありません。留学した人も毎日のように口を動かしていたでしょうから、訓練などしなくても動くと思います。

 ところが日本人が国内で英語を身につけようと思うなら、意識的に口の筋肉を動かす機会を設けないと、いざという時、思うようには動いてくれません。

 理想を言えば、小学校か中学校くらいまでに正確な発音の仕方を教えておいて、自宅学習できるような体制を整えることだと思います。音読などして正しく口を動かす時間を設けることです。
posted by 佐藤 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つまずきの元凶・前置詞や冠詞は、意味よりも音で覚える!

 発音と関連して、単語を覚えるとき、特に日本人にとってやっかいな前置詞や冠詞を覚えるとき、意味を覚えるよりは音を重視して覚えたほうが効果的だと思います。

 英語を勉強している人ならわかると思いますが、前置詞や冠詞にはたくさんの意味や用法があり、英語を母国語とする外国人でさえ、きちんと説明できる人はそう多くはないのです。

(というより、彼らは英語を文法的に説明する必要がありません。それは私たちが日本語を文法的に説明する必要がないのと同じです)。

 例えば前置詞の with を辞書で調べると、小見出しだけでもだいたい20前後は意味が載っています。

 曖昧な記憶ですが、以前「この with はどういう意味ですか?」と聞かれて、即答できなかったことがあります。

 家に帰って with が使われている英文やその前後の英文などを何度も読み返しながら考え、これはたとえば with の14番目に出ている「対象」を表す「〜に対して」だろうという結論に達し、説明したことがあります。

 辞書を引き、どの意味の with だろうと考えることは、特に私のように日本語で説明を求められる人には必要ですが、時間のかかる難儀なことです。

 大学生の頃、私も前置詞について大いに悩んだことがありました。英語を勉強していると頻繁に出てきて、意味をとれないこともあったので、何とかならないものかと考えたのです。

 そこで with や on や at などの前置詞、また基本動詞の take や get など、20前後の意味が載っている語をコピーして下敷きにはさんで、暇を見ては目を通していました。

 前置詞のもつ雰囲気みたいなものを身につけようと思ったのです。

 ただ、この方法はあまり面白いことではなく、程なくしてやめてしまいました。

 冠詞も同様です。the は辞書にもよりますが、20前後は意味が出ています。

 英文を読んでいて、出てくる the ごとに辞書を引き、これは13番目の the の意味だとか、これは7番目の the の意味だとかいちいち調べあげたこともありました。

 けれどもこれも私の経験上、あまり効率的な学習だとは言えません。

 the の意味を取り違えたからといって、文全体の内容を理解できなくなることもほとんどありませんし、1つ1つ見ていく手間を考えたら、他の英文をたくさん読んだほうが余程上達すると思います。

 なので、前置詞や冠詞を身につけようと思ったら1つ1つの意味を全部覚えるのではなく、基本的な意味のみ覚えておき、あとはひたすらフレーズごと音読して覚えることをおすすめします。

 日本語で考えてみましょう。「私は駅へ行く」と言います。これはごくふつうに使う日本語です。似たような言い方で、自分もそうするという意味で「私も駅へ行く」とも言います。

 他に「私と駅へ行く」、「私が駅へ行く」も不自然な日本語ではありません。ところが「私へ駅へ行く」とは言いません。

 「私へ駅へ行く」と聞いておかしいと判断するとき、きちんと文法を理解した上で誤りだと論理的に説明できる人は、そういないと思います。

 では、どうしておかしいかというと、普段耳にしないし、自分でも言わないからです。音としておかしい、と判断しているわけです。

 私たちは、英単語を覚えるというのは意味を日本語で覚えると刷り込まれています。

 前置詞や冠詞のような、文全体の意味を左右しないことが多い、そして頻繁に使われる語(主には機能語)は、何度も音読して音で覚えたほうが近道だと思います。

 音で覚えれば、英語を聞いたとき、こんな風に言わないという判断ができます。これは、筋道立てて文法的に間違っていると判断するより、よりその言語に慣れ親しんだある意味高度な判断だと思います。

 単語はみな一律に意味を覚えるとだれが決めたのでしょうか?前置詞と冠詞はあまり理屈っぽく考えず、とにかく音読して覚える!

 なぜなら、私たちは日本語ではごく自然にそうしているからです。

 前置詞の場合、代表的な意味を覚えるときに私がおすすめするのは、イラスト入りで前置詞のイメージが描かれた教材です。

 理由は日本語を介して覚えないようにし、それぞれの前置詞の基本的なイメージを覚えたほうが、細かい意味の違いにこだわるよりもよっぽど応用が利くと思うからです。

 また the なら、どれでもいいのではなく限定された「その」というニュアンスと、the sun や the earth、the same や序数の前に the first、the second のように the がつくことなどを覚えておけば十分だと思います。

 いずれにしても、あまり神経質に意味を考えるよりも、音読したり、たくさん英語を聞いて音として覚えてしまうのがいいと思います。
posted by 佐藤 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単語をどのくらい覚えるか

 ビジネスや旅行、小説、映画、TOEICなどいろいろな場面で使おうと本格的に学ぶなら、英単語は手広く覚えることが望ましいです。

 私自身もっとも集中的に英単語を覚えたのはやはり大学受験の時でした。

 受験前になると、学校の授業で覚える英単語だけでは、大学受験はとても太刀打ちできないという噂を耳にし、「単語を覚えなければいけない」という強迫観念に襲われたのを覚えています。

 私の頃は、『出る単』と言う単語集があって、それさえ覚えれば大学入試の英単語はOKという時代がありました。

 ただ、率直に言うと、中学・高校時代に授業で覚えた単語では、学校から離れて英語を使おうと思ったとき、どうにも対応できないと思います。

 たとえば中学3年分の教科書の英語を全文覚えたとしても、英語はできるようになりません。大学に行った人がもつボキャブラリーでも少ないくらいです。

 数で具体的に示すのは難しいですが、私の実感では、大学受験で覚えた単語は、氷山の一角だと心得ておいたほうがいいと思います。

 当時、大学を受験の準備をしながら、こんなに覚えなければいけないのかとうんざりしたものですが、今にして思えば、あの程度はかわいいものです。

 たとえば、キオスクで英字新聞でも買って読もうと思っても、あるいはちょっと話題になった映画を見たり、その原作を読もうにも、大学受験で覚えた単語の何倍もの単語を覚えていなければ、途中で立ち往生すること必死です。
posted by 佐藤 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学英語と高校英語では、学ぶ量が桁違い!

 私は中学のときは、英語は好きでした。もっとも、英語という外国語を操ることが好きだったと言うよりは、英語の成績がよかったので英語という科目が好きだったと言ったほうがより正確な表現だと思います。

 その当時、洋書を原文で読めるようになりたいとか、映画を字幕なしで見たい、外国人を相手に英語を話したいなど考えもしませんでした。

 ただ、教科書の英語を日本語で理解し、試験でいい点を取ることだけを目標にしていました。この状況は高校に入っても変わりませんでした。

 私が高校生だった当時、英語の授業はリーディング(読解)とグラマー(文法)、コンポジション(英作文)に分かれていました。

 あいかわらず「読解」中心の授業でしたが、内容的には一足飛びに難しくなった印象があり、一時期、英語がわからなくなりました。

 リーディングの教科書を開いても知らない単語だらけ。そのうえ、中学の頃よりも1文が長くなり、1つの文が3行から4行にまたがるものも。読んでいる途中で頭が混乱し、理解できなくなることがしばしばありました。

 正直、中学の頃とは比べものにならないくらい学ぶ量が増え、その多さに圧倒されていました。それまで田舎暮らしでのんびりしていた人が、いきなり都会に出て毎日残業をさせられている感じとでもいうのでしょうか。

 リーディングの授業では、新出単語や文法事項の説明が黒板に書かれ、それをノートに書き写していました。

 また、英文を一文一文日本語に訳すことも要求されたので、予習では英和辞書で単語を調べ、日本語の意味を活かして教科書の英文を1文ずつ日本語に訳すということが欠かせませんでした。

 単語の意味を生かし、文法に則って日本語に訳すことができれば、その文は理解していると見なされ、テストでもいい点をもらいました。

 逆に、訳した日本語がおかしいと理解していないと見なされました。これはまさに翻訳家が英文をきれいな日本文に訳していく作業です。今にして思うと、学校の授業は翻訳家の養成学校のようでした。

 大学入試の英語は長文読解問題が中心だったので、授業も自ずと大学入試に備えて日本語に訳すことが中心でした。
posted by 佐藤 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教科書ガイドに全訳が載っていなかった理由

 高校の英語の授業を聞いてもついて行けず、テストでもがき苦しみ、当然のことながら成績が落ちていきました。これではまずいと本屋に行って、教科書に準拠した参考書や問題集を探しました。

 リーディングについては、とにかく英文を正確に訳すことが求められます。そこで教科書ガイド、俗に言う「トラの巻」なら全文の英訳が載っているだろうと藁にもすがる思いで手に取ったのですが、教科書の一部だけが解説してある不十分なものでした。

 それで仕方なく大学受験で使うような厚い文法書を買って中間期末試験に備えました。ただ、教科書でわからない箇所がピンポイントで解説してあるわけではないので、いつもあいまいな理解のままテストを受けることになり、苦戦していました。

 こんな私が英語教材を作る仕事に携わるようになり、何年かして高校1年の教科書ガイドを手がける機会に恵まれたのです。

 トラの巻だなんていったって、どうせ教科書の全文が解説してある訳じゃないんだろうと、あの頃苦労した自分を思い出しながら複雑な心境で執筆要項を確認して驚きました。なんとそこには、教科書の全文を訳す指示があったのです。

 そのときに初めて知ったことですが、その昔、教科書ガイドに教科書の全訳が載っていなかったのは、載せて欲しくないという学校の先生からの要望があったからだそうです。

 英語を生徒に訳させながら授業を進めるので、教科書ガイドに全訳が載せてあると生徒は自分で訳さずにそれを見て済ませてしまい、考える力がつかないと危惧したからだということです。

 私が高校生のとき、全訳の載った教科書ガイドがなかった理由がそのときようやくわかりました。

 この教科書と教科書ガイドの関係は、英文とその日本語訳という関係になります。

 私は中学でも高校でも、英語を読みながら日本語に訳し、その訳した日本語で内容を理解することに浸りきっていましたから、こんなに役立つものはないと思っていました。

 教科書ガイドで日本語訳を手に入れて、訳せるようにすることは中間期末テストでいい点を取るための効率的な手段だったのです。そして、そのテストでいい点を取ると、英語ができると言われていました。

 大学受験があり、長文読解中心の英語教育の中ではこれでいいのですが、学校を出て、例えば海外旅行で必要な会話だとか、会社に入ってメールを書くときに英語を使う人たちには、このやり方ではうまくいかない面が多々出てきます。
posted by 佐藤 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「問題を解く力=英語力」ではない

私は仕事で高校の模擬試験や英検の問題を作ることがあります。また、作るだけでなく自分自身も TOEIC など英語のテストを受けることもあります。

 テストですから問題を解いて、正解したとか間違ったとか結果が出ます。それで自分の英語力がどの程度のものなのか、測れることになっています。

 ところが、そう単純に測れるものでもないのです。出題形式によっては、英語力を測るにはあまり参考にならないものもあります。

 文の一部が空欄になっていて、その空欄に適切な語句を入れる空所補充問題などは、生徒の文法の知識を問うという点ではいい問題だと思いますが、問題を解く人の心がけ次第では、ただのクイズ問題になってしまいます。

 たとえば、次のような問題を例に挙げましょう。

 Where is the key (    ) was on the table yesterday?

 (A) which      (B) whose
 (C) it        (D) who

 訳は「昨日テーブルの上にあったカギはどこですか?」で、答えは(A)です。正解だった人も多いと思います。

 (  )の中に入れる正しい単語を選ぶことができたので、自分はこの文をきちんと理解し、ここで問われている文法事項(関係代名詞))も正しく使えると思っていませんか?

 ところが、(  )の中に正しい単語を入れられたというのは、4つの選択肢の中から(  )内に which が入ることがわかったというだけにすぎません。

 たとえばこの問題を解くとき、多くの人はまず、key を見て先行詞は「もの」だと判断し、この時点で who を除外します。

 (  )の後にすぐ動詞が来ているので、(  )に入る関係代名詞は主格だと判断し、結果として which (that があれば that も可能)だという結論に達します。ほかの単語など見なくてもできます。

 もっと極端なことを言ってしまえば、問題文を見る前に(A)〜(D)の選択肢を見れば、関係代名詞の問題だとだいたい予想できます。

 こうなると、問題文は正しい選択肢を絞り込むためのヒントでしかなくなってしまいます。

 果たしてこの思考のプロセスは、英語という外国語を話すプロセスでしょうか?


 もう1つ、今度は仮定法の問題を見てみましょう。

 If I had hurried then, I would (    ) the train.

 (A) catch      (B) have caught

 (C) had caught      (D) caught

 多くの人は初めに if を見て仮定法の問題ではないかと見当をつけ、次に had hurried とあるので仮定法過去完了だと判断します。

 そして次に主節は〈助動詞の過去形+ have +過去分詞形〉になるから have caught だと判断して(B)を選びます。

 あとは答え合わせに日本語訳の「もしそのとき急いでいたなら、電車に間に合っただろうに」を読んで意味を確認して、理解したと思います。

 あるいは教える側も(B)を選べば、あなたは仮定法を理解しているとして丸を与えます。

 これは( )に have caught が入ることがわかり、意味を日本語で理解したというだけです。

 この類の問題を1000問解いたとして、上のようなプロセスで答えを導いたとしたら、何問正解しても、英語が話せたり聞けたり書けたりすることはできません。

 たとえば英語を母国語としているアメリカ人やオーストラリア人が同じ問題をすれば(  )に正しい答えを入れることができます。

 ただ、彼らはその英文を言うことも書くこともできることが前提にあります。私たちの頭の中には英語そのものがないのです。これが日本人と決定的に異なるところです。

 多くの日本人は(  )に正解を入れると「あなたは正しい」と言われ、言われたほうは「私は関係代名詞や仮定法がわかる」と信じ込みます。

 ところがその問題の英文を書くことも言うこともできない人がほとんどです。日本人とアメリカ人が同じ正解をしても、その正解には天と地ほどの差があるのです。

 たしかに、受験者が文法やイディオムの知識をどの程度持っているか測るためにはいい出題形式といえるでしょう。

 また、何万人もいる受験者の答えを採点するとき、(A)とか(C)とか記号だけを見て採点できる効率のよい問題でもあります。各種の入学試験だけではなく、英検やTOEICなどの検定試験でも導入されています。

 ただ、これはあくまで「知識」として文法を理解しているか測るだけで、その文法事項を含む英文を会話(リスニングとスピーキング)や英作文(ライティング)などで使える力があるかどうかは、測ることはできません。

 テスト問題にうまく対応できたというだけのことです。

 本当に英会話やEメールなどで使おうと思うなら、正しい答えを入れた

 Where is the key which was on the table yesterday?

 を丸ごと頭の中に蓄えておいて、必要に応じてスラスラと出せるようにすることです。

 あるいは「あの時急いでいたら、電車に間に合ったのに」と言いたいときに、先ほどの文を見ないでいつでも言ったり書いたりできるようにすることで、その仮定法を含む文を会話で使えるようになります。

 文法の問題をするとき、会話やライティングを想定していないからこのようなことが起こるのです。

 私たちは英語を点のイメージでとらえがちなところがあります。空所補充問題もそうですが、(  )の中に正しい英語を入れられたからといって、それだけでは何の役にも立ちません。

 英語を話したり書いたりするということは、頭の中に膨大な英文やフレーズをストックしておいて、いざというときに取り出して使うということです。

 英語を線のイメージでとらえ、1文を覚えて初めて文法が会話やEメールに生きてくるのです。

 ただここで問題になるのが、今の市販されているTOEICなどの文法問題の英文を覚えていいかということです。

 多くの教材は英語を縦のイメージでとらえているので、難しい英文(日本語に訳さないと理解でいないような英文)で文法問題を作りがちです。

 そうではなく英語を英語のまま理解できる簡単な英文で書かれた本が有効だと思います。

 そうは言っても受講生の中には英語にまったく興味がなく、ただ会社の方針でTOEICテストを受ける羽目に陥っている人もいます。

 この人たちは業務で英語を使うわけでなく、本当にテストに答えられればいい人たちです。そういう人たちは(  )に入る適切な語を正しく選べればOKです。目的は達成できているのですから。
posted by 佐藤 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本語の能力を問う「下線部和訳問題」

 前述の空欄補充問題と同じくらい、私の学生時代の英語テストでは定番だった出題形式に、英文の一部を和訳する「下線部和訳問題」がありました。

 私が大学受験をした時のテストでも下線部の英文を和訳したのを覚えています。たいていは難しい単語や構文を含む箇所に下線が引かれていて、一筋縄ではいかなかったと記憶しています。

 下線部和訳問題は、受験生が訳した日本語から、この人は英語の構文を理解し、単語の意味がわかり、時制などもしっかり把握しているかを日本語の訳から判断します。

 ただ冷静に考えてみると、受験生は下線部の英語を意味の通る日本語で書き表わし、採点者はその日本語を見て正しいとか間違っているとか判断します。

 つまり英語を使っているような気になっていますが、お互い日本語でコミュニケーションをとっているのです。

 たとえば採点者が英語を母国語とするアメリカ人やイギリス人ならこの関係は成立しません。日本人同士だからできる問題です。

 英語でコミュニケーションをとるとは、日本語に訳して日本人にわかってもらうことではなく、日本語のわからない相手と、英語でわかり合うことなのです
posted by 佐藤 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。