2013年08月29日

学校で英会話を習っていない

日本人は英語ができないと言われています。

 それが原因なのか、今や英語教材は飽和状態で、本屋の英語コーナーに足を向けると、夜空にきらめく無数の星のごとく英語関連本がところ狭しと置かれています。

 リスニング、TOEIC、英会話、Eメール、ビジネス英語、英検などなど、いったいどの本を選べばいいのか、その場に立ち尽くして途方に暮れてしまうほどです。

 これほどの英語教材が巷に溢れ、中学・高校では必修5教科のなかのひとつとして6年間勉強しているにもかかわらず、多くの人は一向に話すことができません。

 まるで日本人が語学に対して無能であるかのように自虐をこめて言う人もいますが、でもそれは本当でしょうか。

 最近、英語を社内の公用語する企業も目立ち始めました。

 英語を離れて何十年も経って、突然TOEICで600点以上取るように言われる30代から50代くらい、ちょうど私もこの年代なのですが、この年齢層の学生時代の英語学習を思い返してみると、英文読解と文法中心で、外国人相手に英語を話したことなど1度もありませんでした。

 ではなぜ私たちは英文読解中心の授業を学校で受けたのでしょうか。

 実は、終戦直後や東京オリンピック、大阪万博のときに日本では英語ブームが起こり、英会話本がよく売れたそうです。ところが英会話が義務教育の一環として学ばれることは今に至るまでありません。

 なぜでしょうか。なぜ私たちは英文読解中心の授業を受けることになったのでしょうか。日本人は英語ができない民族なでしょうか?

 ここで言う英語とは英会話(リスニング・スピーキング)のことです。

 答えは「いいえ」です。

 特に私たちの世代が英会話ができないのは、単に学校で習わなかったからです。

 では英会話ではなく、受験英語という特殊な英語ではどうかと考えると、日本人は英語が「できる」と答えて差し支えないでしょう。英語から日本語への翻訳も「できる」範疇に入ると言えます。

 しかし英会話やライティングに関しては「できない」と答えざるを得ません。

 というよりも、「できない」と判定する以前に、私たちは英会話もライティングも授業として何も受けていないに等しいのです

 ライティングは英作文という名目で申し訳ない程度に受けました。英会話もスピーキングは全くしませんでしたが、リスニングはテープを少し聞いた記憶があります。

 英語という大きなくくりでは確かに6年間授業を受けていますが、4技能(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング)を個別に見てみると、読解(英文を読んで日本語に訳す)の授業だけを受けたといっても過言ではありません

 偏った英語教育を受けたのです。

 今回、私たちが受けてきたこの英語教育を、執筆者や講師、あるいは元学生の立場から可能な限り客観的に見ることに努めました。

 そして客観視することで、私たちが当然だと思っている諸々の事柄(呪縛)から解き放たれることが、一番効率的な英語習得法になるだろうと思い始めました

 私たちは英語教育と称して何を施され、その結果として何を得て、何は欠落しているのか、これから考えていきたいと思います。
posted by 佐藤 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。