2013年08月28日

giveは「あげる」のか「もらう」のか

 もう1つ、日本語訳するときに困ってしまう単語にgiveがあります。

 次の会話文を例にとりましょう。


 Maki: That’s a nice sweater.

 Nancy: My father gave it to me as a present.

 真紀:それはすてきなセーターですね。

 ナンシー:お父さんがそれを私にプレゼントしてくれました。


 giveの意味を単語一覧表で調べると、どの教科書もだいたい「〜を与える」と出ています。

 前述したとおり、基本的に準拠版ドリルでは教科書の巻末に出ている意味を使って日本語訳を書くので、その原則に従うと「私のお父さんがそれを私にプレゼントとして与えてくれました」となります。

 ただ、日常では「与える」って言葉は、あまり使わないのではないでしょうか。

 ちょっと辞書で調べてみたら、「現在ではやや改まった言い方で、おもに目上の人が目下の人に、恩恵的な意味で授けるというときに使われる」とあります(yahooオンライン辞書『大辞泉』より)。

 そういう点では、この英文の場合は「与える」でも確かに日本語的にはおかしくはありません。

 ここはやはりナチュラルに「それを私にプレゼントしてくれた」と訳したいところです。「与える」を「くれる」に書き換えることは許容してもらうしかない例外です。
posted by 佐藤 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。