2013年08月28日

訳し方が悩ましいwantとlike

 日本語の品詞と英語の品詞が食い違う場合も悩みます。くどいようですが中学準拠版の場合、基本的に英単語の日本語訳も教科書巻末の単語一覧表に載っている訳に合わせます。

 たとえ単語一覧表に載っている意味をそのまま使うと不自然になってしまう場合でも、自然な日本語になるように意訳したり省略したりすることをなるべく避ける傾向にあります。

 そしてその制約が原因で、出てくるたびに頭を悩ませるのが、likeとwantです。

 wantは巻末単語一覧表では「欲しい」、likeは「好む、気に入る」のほかに「好きだ」という訳をつけられています。

 ここで思い出していただきたいのが、日本語では、動詞は原形の場合「う段」の音で終わることです。

 「走る」「書く」「読む」などがそうです。一方、「美しい」「新しい」などの形容詞は「いの段」で終わり、「静かだ」「きれいだ」などは「だ」で終わります。

 なので、日本語的にいえば like 「好きだ」は形容動詞で want 「欲しい」は形容詞になるのですが、英語ではいずれも動詞です。

 本来なら動詞なので「う段」で終わるように訳すべきなのでしょうが、そうすると巻末の日本語訳と食い違ったり、日本語訳が不自然になったりと、いろいろな点で不都合が生じてきます。

 たとえば、以下の英文を訳す場合ですね。

 (1) I like soccer.

 (2) I want a bike.

 ここで、日本語訳を英語の品詞に合わせ、「う段」で終わるようにすると、(1)は「私はサッカーを好みます」、(2)は「私は自転車を欲します」となりますが、これではあまりにも日本語として不自然です。

 ですからこの場合は若干のひっかかりを感じつつも、素直に単語一覧表の意味に従い、「私はサッカーが好きです」「私は自転車がほしいです」とします。

 たいていの参考書や問題集もこのように訳していることが多いのではないかと思います。
posted by 佐藤 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。