2013年08月28日

be動詞=「です」

 たとえ日本語訳が形容詞的だろうが形容動詞的だろうが、巻末の単語一覧表どおりにlikeとwantは「好きだ」「欲しい」と訳すものだと割り切ってしまえば何の問題もありません。

 ところがこの訳が、思わぬところで混乱を招くことがあります。これには、be動詞が大きく関わってくるのです。

 be 動詞とは is や am、are のことで、「〜です」という意味だと学校では説明しています。どの教科書でも、たいてい1年の1学期に習います。

 I am a teacher.「私は先生です」

 This is my book.「これは私の本です」



 中学1年生だとまだ英語の習いたてですから、日本語が「〜です」となっていれば、is、am、are にすればいいのだと単純に思い込んでしまうことが少なくありません。

 するとどうなるかというと、たとえば

 (1) 私はバスケットが好きです。

 (2) 彼女は自転車がほしいですか。

 という日本語を英語に直しなさい、という問題が出たときに、教科書巻末の単語一覧では like は「好きだ」、want は「ほしい」という意味になっているので、

 「好きです」 → be 動詞+ like、

 「ほしいです」 → be 動詞+ want

 と考えて、

 (1) I am like a basketball.

 (2) Is she want a bike?

 と回答してしまう子が出てくるのです。

 それを避けるためにも、「〜を好みます」と訳したほうがいいのではないかと思うこともしばしばです。


 くどくなりますが、なぜこのような問題が生じるかというと、英語を日本語で理解しようとするからです

 そのために英単語を覚えるときに日本語訳をワンセットにして覚え、私たちは英単語と日本語訳が1対1で対応していると思いこんでしまうのです

 だから「私は野球が好きです」という日本語を英語にするときに「〜です」=「is、are」に対応させてしまい、I am like a baseball.という間違いをおかすことにもつながります。

 日本語と英語はかならずしも1対1で正確に対応しているわけではありません。別々の言語の単語の意味が完全にすべて一致することはありえないのです。

 ですから、このようにつじつまの合わないものが多々出てくるのはしかたがないことなのですが、like や want が出てくるたびに、もやっとした悩ましさを感じるのです。

 このつじつま合わせは文法でもあります。
posted by 佐藤 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。