2013年08月28日

英作文ではあまり使いたくない単語

 私が英作文の問題を作成するとき、あまり使いたくない単語があります。それは live です。日本語ではふつう、「私は東京に住んでいます」のように言います。

 この「住んでいる」という日本語が問題になります。巻末単語一覧表には「住む」とありますが、「私は東京に住みます」とは言いません。

 ところが「私は東京に住んでいます」というと、I am living in Tokyo.と進行形の文を作ってしまう子が出てくるのです。

 「進行形」を覚えているでしょうか。<be動詞+動詞の-ing形>の形で、「今〜しています」と動作が進行していることを表す表現ですね。

 「東京に住んでいます」は、「今、コンピュータを使っています」のような、現在の動作の進行を表しているわけではありません。

 日本語は「〜している」が必ずしも動作の進行の時にだけ使われないので、ズレが生じてしまいます。am living と進行形にすると、例えば地震などの災難に遭って、ある場所に「一時的に住んでいます」というニュアンスになります。

 この英語と日本語のズレは、些細なようでいて英語初心者にはけっこう大きなひっかかりポイントだったりします。

 このような混乱を避けるため、「私は東京に住みます」としたいところですが、そうすると日本語がとても不自然になってしまいます。

 子どもたちにわかりやすく理解してもらうためにいろいろ工夫していることが、まったく異なる2つの言語をあたかも一致しているかのような幻想を抱かせることになっているのではないかと心配しています
posted by 佐藤 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。