2013年08月28日

準拠版ドリルの和文英訳問題は自宅学習用

 基本的に、準拠版ドリル用や市販されている問題集の英作文の問題は、答えが1つになるように意図して作ります。

 これを使う生徒が一人で自宅学習することを想定しているので、2つも3つも答えが出て混乱してしまうのを避けるためです。

 ところが「私の定期券がない」という事実を英語で伝えるのなら、

 I lost [have lost] my train pass.

 と言っても、

 I don't know where I left my train pass.
 「定期券をどこに置き忘れたかわからない」

 と言っても、

 I can't find my train pass.
 「定期券が見つかりません」

 と言っても相手に伝わります。

 日本語と同様に、ひとつの出来事を伝えるにも、その表現はさまざまです。

 あらゆる表現を考慮して、あらかじめ解答を複数作成するのはできないことはないかもしれませんが、かなり困難です。

 準拠版の場合は範囲が限られていることもあり、自宅学習用という教材の都合もありで、「私は昨日彼女を動物園に連れて行きました。」のように日本語を英語に訳してもらい、その日本語もなるべく答え(I took her to the zoo yesterday.)が1つになるように意図して作ります。

 ところがそれに慣れてしまった結果、学習者の中には英語の答えは1つだけだと思い込む人もでてきます。それはあたかも2×3=6という算数の計算のようです。

 準拠版ドリルの英作文問題では、学校のカリキュラムにしたがって、習得するべき時期に、正しく文法を習得しているかを問います。

 しかも自宅学習を念頭においているので、答えが1つになるように作ります

 ただ、本当は日本語にとらわれず、もっと柔軟に考えて、いろいろな表現を使っていいと思います。

 理想で言えば、日本語もわかるアメリカ人の先生がいて、マンツーマンで教えてもらえるなら、その場でいろいろ訂正してもらい、いろいろな英語の表現を教えてもらえて、自分のわからないところをピンポイントに勉強できるので一番効率的だと思います。



 現在完了は英文和訳や和文英訳には向かないと言いましたが、そうは言っても問題は作らなければなりません。

 そこで苦肉の策として、答えがひとつになるような空欄補充問題や語順整序問題などにします。たとえば、こんな感じです。

 I ( and / lost / with / have / my passport / my bag ) tickets.

 (答え:I have lost my bag with my passport and tickets.)

 このように、I have lost my bag.と中心になる文章に、with my passport and ticketsをつけて少し長めの文にして、語順整序問題とするのです。

 こうすることで、現在完了の文で答えが1つになり、have+過去分詞の語順で使えるか、with my passport and ticketsを使って後置修飾の文が作れるかなど、いろいろな観点を含む問題が完成します。
posted by 佐藤 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。